目次

この記事の目次です。

1. heteml(ヘテムル)とは
2. ログイン方法
3. 無料独自SSLの設定方法
4. DNSレコード設定
5. SSHの利用
6. .htaccessの利用
7. その他の参考情報

更新履歴

1. heteml(ヘテムル)とは

heteml(ヘテムル)は、GMOペパボが提供するレンタルサーバーです。

2. ログイン方法

以下のURLにアクセスするとログインフォームが表示されますので、「ヘテムルID」と「パスワード」を入力して、コントロールパネルのログインできます。
https://admin.heteml.jp/

3. 無料独自SSLの設定方法

無料独自SSLの設定方法についてはheteml(ヘテムル)の以下のページに記載があります。
https://support.heteml.jp/hc/ja/articles/360042620573-無料独自SSLの設定方法

利用上の注意点

利用上の注意点です。

無料独自SSLの設定手順

無料独自SSLの設定手順の概要です。

  1. コントロールパネルから、[ ドメイン・メール設定 ]へ進みます。
  2. ドメイン一覧の無料独自SSLを設定したい独自ドメインの[ 詳細を見る ]を押します。
  3. [ 設定変更 ]ボタンをクリックします。
  4. [ 無料独自SSLを設定する ]にチェックを入れて、変更するボタンを押します。
  5. [ OK ]ボタンをクリックして設定の反映を待ちます。
  6. ドメイン一覧で[ SSL設定中 ]の表示が[ 無料SSL ]になれば設定の反映が終わりです。

4. DNSレコード設定

独自ドメインでhetemlをご利用になる場合はDNS( Domain Name System )を設定する必要があります。 ドメインを取得した管理元(お名前.comなど)でhetemlのネームサーバ―をNSレコードに設定して、hetemlで独自ドメインの設定が行えるようにします。

ドメインを取得した管理元に設定するhetemlのネームサーバー情報は以下です。

プライマリネームサーバーdns0.heteml.jp
セカンダリネームサーバーdns1.heteml.jp

5. SSHの利用

コントロールパネルでSSHの設定を行えばSSHも利用できます。

hetemlのSSH アカウントの設定方法1

設定はサイドメニューの「SSH アカウント」から「SSH アカウント」の設定画面に移動して「SSHを利用する」をクリックするだけです。

hetemlのSSH アカウントの設定方法2

6. .htaccessの利用

.htaccessも利用できます。wwwありなし、httpからhttpsへのURLの統一も問題なく設定できます。

.htaccessでPHPのバージョンを指定する方法

PHPのバージョンは、コントロールパネルで設定できますが、.htaccessでも設定できます。

ファイル名:.htaccess
ファイルの属性(パーミッション):604
PHP5.3を指定する場合の記述:AddHandler php5.3-script .php
PHP5.4を指定する場合の記述:AddHandler php5.4-script .php
PHP5.6を指定する場合の記述:AddHandler php5.6-script .php
PHP7.0を指定する場合の記述:AddHandler php7.0-script .php
PHP7.1を指定する場合の記述:AddHandler php7.1-script .php

7. その他、heteml(ヘテムル)の参考情報

操作方法や行いたいことを調べた際、hetemlのブログがわかりやすく書かれていました。
https://blog.heteml.jp/

更新履歴

更新履歴になります。

トップレンタルサーバーの利用方法heteml(ヘテムル)