目次

この記事の目次です。

1. lolipop!(ロリポップ)とは
2. ログイン専用ページ
3. 独自ドメイン
4. htaccessの利用方法
5. 無料の独自SSL
6. FTPについて
7. SSHについて
8. ロリポップ想定のテスト環境の構築方法
9. ロリポップの障害情報

更新履歴

1. lolipop!(ロリポップ)とは

lolipop!は、利用者が多い共用レンタルサーバーの一つです。 管理画面がやさしく初めての方におすすめです。

ちなみに、lolipopの意味は棒のついたキャンディーです。

2. ログイン専用ページ

ログイン専用ページのURLは以下です。
https://user.lolipop.jp/

メール設定/ロリポップ|webメーラー

メール設定やwebメーラーなどの情報はログイン専用ページの左メニューの「メール設定/ロリポップ|webメーラー」にあります。

メール設定/ロリポップ|webメーラー

3. 独自ドメイン

独自ドメインは、lolipop!のネームサーバをドメインのNSレコード追加して、lolipop!のログイン専用画面でドメインを登録することで利用できます。

ネームサーバ

lolipop!のネームサーバの情報です。

プライマリネームサーバー uns01.lolipop.jp
セカンダリネームサーバー uns02.lolipop.jp

参考)https://lolipop.jp/manual/user/chg-plan/

4. htaccessの利用方法

.htaccessファイルはホームページにパスワード制限をかけたり、URL統一などを目的にしたURLリダイレクトの設定が行えるファイルです。 lolipop!でもこの.htaccessファイルが利用できます。

.htaccessを編集するには

.htaccessファイル自体は普通のテキストファイルですので、テキストエディタなどで編集できます。 Windowsなどの場合、「.(ドット)」から始まるファイル名は使えませんので、 htaccess.txtといった別名で編集し、FTPでアップロード後にファイル名を変更します。

.htaccess設置するには

作成された.htaccessファイルを、設定するフォルダにFTPでアップロードします。アップロード後、パーミッションを604に設定します。

.htaccessの詳しい利用方法

.htaccessについての詳細は以下にまとめています。

.htaccess

htaccessとは、ホームページを公開するApache HTTP Server(Webサーバ)の設定ファイルです。 読み方は「エイチティーアクセス」です。htaccessの使い方から技術サポートを目的にまとめています。

詳細

リダイレクト

htaccessでリダイレクトが行えます。 正規表現やパラメータ付きURLの設定など、.htaccessでのリダイレクトについて解説しています。

詳細

WordPress

WordPress(読み方:ワードプレス)はPHPとMySQLを利用したオープンソース(無料で利用できる)CMS(サイト運用管理ツール)です。 WordPressやレンタルサーバの設定に詳しくない方のサポートを目的に、WordPressや、htaccess(リダイレクトなどに使用する設定ファイル)の場所はどこかなど、サーバー関連の知識をやさしく解説していきます。

詳細

常時SSL化

常時SSL化について、.htaccessやWordPressの設定、チェックツールについて紹介しています。 レンタルサーバーを利用している方から.htaccessについてのご相談いただき、たくさんのホームページを見てきましたが、いつも常時SSL化の設定に不足がある状態でしたので、レンタルサーバーを利用している方の参考になると思います。

詳細

PHP設定

ロリポップなどのレンタルサーバーのPHP設定をテーマに、PHPのエラー表示などの.htaccessによるサーバー設定中心にまとめています。

詳細

セキュリティ対策

レンタルサーバーでホームページの作成を行う方が、安心してホームページの公開ができるよう、ホームページ作成とレンタルサーバーとセキュリティ対策の知識をまとめています。

詳細

5. 無料の独自SSL

lolipop!も無料の独自SSL(Let's Encrypt)に対応しています。 1つの独自ドメインあたりサブドメインを100個まで設定できます。

申し込みと設定は、ユーザー専用ページにログインし、「証明書お申し込み・設定」から行えます。 「SSLで保護されていないドメイン」が表示されますので、 独自SSLを適用するドメインおよびサブドメインを選択し、 選択後、各独自ドメイン単位で「独自SSL(無料)を設定する」をクリックする操作で申し込みが行えます。 申し込み後、5分程度で設定が完了し利用できるようになります。

6. FTPについて

ロリポップでFTPの利用方法についてです。

FTPのアカウント情報

FTPのアカウント情報は、ユーザー専用ページの「アカウント情報/パスワード変更」にて確認できます。

ホスト名は「ftp.lolipop.jp」になります。

FTPに接続できない場合

ロリポップでFTPに接続できない場合、FTPアクセス制限に設定されているIPアドレス以外でアクセスしている可能性があります。 ユーザー専用ページにログインし、「セキュリティ>FTPアクセス制限」のIPアドレスの設定を確認してください。

ロリポップでFTPに接続できない場合はFTPアクセス制限を確認する

IPアドレスを設定すると設定したIPアドレスのみアクセスできるアクセス制限が設定されます。 1つもIPアドレスが設定されていない場合はすべてのIPアドレスでアクセスが行えます。

なお、FTPアクセス制限の画面を表示すると、アクセスした際のIPアドレスを自動で入力補完されて、入力状態で表示されますので、惑わされない要注意したいです。

7. SSHについて

スタンダード(エコノミーとライトは利用不可)プランからはSSHが利用できます。

lolipop!のSSHはユーザー専用ページにログインし、SSHを開いて「SSHを有効にする」をクリックすることで利用できるようになります。 SSH設定完了後は以下の情報で接続できます。

サーバーssh.lolipop.jp
アカウントFTPアカウントと同じ
接続ポート2222
パスワード管理画面に表示されたSSHパスワード

8. ロリポップ想定のテスト環境の構築方法

クライアントがロリポップを使用していて、そのテストを行いたい場合にテスト環境が必要ですね。 ロリポップを契約していれば良いのですが、契約していない場合は追加費用が発生してしまいます。 ロリポップを契約せずに、作業PCなどにロリポップのテスト環境を構築する方法についてふれていきます。

WordPressテストサイト

ロリポップやエックスサーバーで公開しているサイトのテストサイト環境の作り方をまとめています。

詳細

9. ロリポップの障害情報

ロリポップ!レンタルサーバーの障害情報は以下のURLに掲載されています。
https://lolipop.jp/info/obsta/

更新履歴

更新履歴になります。

トップレンタルサーバーの利用方法lolipop!(ロリポップ)