目次

この記事の目次です。

1. CPIレンタルサーバーとは
2. CPIのマイページ
3. SmartRelease
4. 高価なSSLのみ

関連記事
更新履歴

1. CPIレンタルサーバーとは

CPIレンタルサーバーは、SmartRelease機能など、バックアップや構築支援ツールに力を入れたレンタルサーバです。 料金は少々高めの月額3800~4400円(税別)です。

2. CPIのマイページ

CPIのマイページのログインページのURLは以下です。
https://login.cpi.ad.jp/login.php

3. SmartRelease

自動バックアップ、テスト環境、本番サイトへのかんたん反映機能がセットになった制作支援ツールです。 自動バックアップはウェブ領域+DBで合計10GB・30世代分を保存できます。

4. 高価なSSLのみ

ホームページの表示にはSSLは必須ですが、無料SSL(Let's Encrypt)に対応しておらず、安価なSSLも扱っていませんので費用面はそれも考慮する必要があります。

関連記事

関連記事です。

レンタルサーバー

レンタルサーバーは、サーバーをレンタルするサービスです。lolipop、heteml、cpi、xserver、sakuraなど、各種レンタルサーバーの利用方法について利用者の立場で解説しています。

詳細

更新履歴

更新履歴になります。

トップ技術データベースCPIレンタルサーバー