目次

この記事の目次です。

1. 共用レンタルサーバー

2. お名前.com

3. XSERVER

4. CPI

5. LOLIPOP!

6. SAKURA internet

7. KAGOYA japan

更新履歴

1. 共用レンタルサーバー

共用レンタルサーバーは、1台のサーバーのスペースを複数の利用者に貸し出す形態のサービスです。

2. お名前.com

ドメイン取得で有名なお名前.comも共用レンタルサーバーのプランもあります。

共用サーバーSD

共用サーバーSDについての情報です。

.htaccessの利用について

.htaccessの利用は可能ですが、RewirteEngineディレクティブの一部の利用に制限があるようです。

QA)https://help.onamae.com/answer/9096

メールだけ使う場合の例

お名前.comでドメインを取得とお名前メールを契約し、ドメイン管理とメールはお名前.com、Webサーバは別にするというような運用も可能です。

設定例

設定例は以下です。

3. XSERVER

XSERVERも利用者が多い共用レンタルサーバーの一つです。 WordPressのサイトで100万PVが目指せるだけのリソースを割り当ててくれます。

XSERVERのPHPバージョン選択

WordPressが遅いと感じた場合、PHPのバージョンを確認してみましょう。 WordPressは大きなPHPファイル群で実装されているため、PHPの読み込み、解析に時間がかかりやすいです。 PHPはPHP7でそれ以前と大幅に処理速度が改善されていますので、もしPHP7以上になっていない場合は大幅な速度アップが期待できます。

マニュアル)https://www.xserver.ne.jp/manual/man_program_php_ver.php

ただし、PHPのバージョンを上げることで、サイト上で不具合発生する恐れがあります。 検証環境で試すことを推奨いたします。 ただ、多くは文法エラーで真っ白になってすぐに気づくと思いますので、数分落ちるのが許容されるのでしたら、上げてみて直ぐに戻すのもいいと思います。

4. CPI

CPIは、KDDIグループのホスティングサービスです。 共用レンタルサーバーのプランもあります。

CPIレンタルサーバーとは

CPIレンタルサーバーは、SmartRelease機能など、バックアップや構築支援ツールに力を入れたレンタルサーバです。 料金は少々高めの月額3800~4400円(税別)です。

CPIのマイページ

CPIのマイページのログインページのURLは以下です。

https://login.cpi.ad.jp/login.php

SmartRelease

自動バックアップ、テスト環境、本番サイトへのかんたん反映機能がセットになった制作支援ツールです。 自動バックアップはウェブ領域+DBで合計10GB・30世代分を保存できます。

高価なSSLのみ

ホームページの表示にはSSLは必須ですが、無料SSL(Let's Encrypt)に対応しておらず、安価なSSLも扱っていませんので費用面はそれも考慮する必要があります。

5. LOLIPOP!

LOLIPOP!は、利用者が多い共用レンタルサーバーの一つです。 管理画面がやさしく初めての方におすすめです。

6. SAKURA internet

SAKURA internetも共用レンタルサーバーのプランもあります。 レンタルサーバーも利用者が多い共用レンタルサーバーの一つです。

7. KAGOYA japan

KAGOYA japanも共用レンタルサーバーのプランもあります。 レンタルサーバーも利用者が多い共用レンタルサーバーの一つです。

更新履歴

更新履歴になります。

位置:トップ共用レンタルサーバー