目次

この記事の目次です。

1. Redirectディレクティブとは
2. redirect permanentで301リダイレクトが行える
3. Redirectディレクティブの書き方

関連リンク
更新履歴

1. Redirectディレクティブとは

RedirectディレクティブはApacheのディレクティブの1つで、.htaccessなどの設定ファイルに記述すると古いURLを新しいURLにマップしてリダイレクトします。 AにアクセスしたらBにリダイレクトというように単純なリダイレクトはRedirectディレクティブで行えます。

Apacheとは

ここで言うApacheは、Apache HTTP Serverのことです。 Apache HTTP Serverを略して、Apacheと言います。

RedirectディレクティブはApacheのディレクティブ

RedirectディレクティブはApacheのディレクティブの1つです。

ディレクティブはApacheの記述ルール

ディレクティブはApacheの設定ファイルで指令を記述するための記述ルールです。

ApacheのRdirectディレクティブのパラメータにはpermanentなどがある

ApacheのRdirectディレクティブには、301リダイレクトに使用するpermanentなどのパラメータがあります。

2. redirect permanentで301リダイレクトが行える

Redirectディレクティブを使用した301リダイレクトの例です。 Redirectディレクティブを使用する場合はpermanentを指定るすことでHTTPステータス301を設定したリダイレクトになります。

Redirect permanent /aaa.html https://www.bbb.com/bbb.html

Redirectディレクティブは正規表現が使えませんので、URL毎にリダイレクトのコードを記述する必要があります。

3. Redirectディレクティブの書き方

Redirectディレクティブは古いURLを新しいURLにマップしてリダイレクトします。

Redirect permanent <古いURL(URLのパス部分)> <新しいURL(URL全部表記)>

古いURL(URLのパス部分)の書き方

古いURLは、%形式のURLエンコードされたURLはデコードされたURLを書きます。 また、/から始まるコンテンツのルートからのパスを書きます。相対パスは使用できません。

新しいURL(URL全部表記)の書き方

新しいURLはURL全部表記です。http://やhttps://のスキーム部分から、ドメイン名などのホスト名とURLのパス部分を全て書くのが基本です。 URLのパス部分からの表記で記述した場合、現在のスキームとホスト名が適用されます。

Redirectのpermanent部分のパラメータ

permanent部分のパラメータについてです。

permanent

permanentは、永久にリダイレクトをするステータス (301) を返します。これはリソースが永久に移動したということを意味します。 サイトリニューアルなどではSEOの評価を引き継ぐ目的で301を使うのが望ましいといわれています。

temp

tempは、パラメータ未指定の時に適用され、一時的なリダイレクトステータス (302) を返します。

seeother

seeotherは、リソースが他のもので置き換えられたことを意味するステータス (303) を返します。

gone

goneは、リソースが永久に 削除されたことを意味します。この指定を適用する場合は、 url引数は省略する必要があります。

URLが完全に一致したら適用される

Redirectディレクティブは、URLが完全に一致したら適用されます。部分一致で適用させたい場合は正規表現が使用できるRedirectMatchディレクティブを使用してください。

関連リンク

関連リンクです。

リダイレクト

htaccessでリダイレクトが行えます。 正規表現やパラメータ付きURLの設定など、.htaccessでのリダイレクトについて解説しています。

詳細

.htaccess

htaccessとは、ホームページを公開するApache HTTP Server(Webサーバ)の設定ファイルです。 読み方は「エイチティーアクセス」です。htaccessの使い方から技術サポートを目的にまとめています。

詳細

更新履歴

更新履歴になります。

トップ技術データベースRedirectディレクティブ