目次

この記事の目次です。

1. WinSCPとは
2. WinSCPのインストール
3. アップロードサーバの接続情報の設定
4. WinSCPで.htaccessを表示する設定

関連記事
更新履歴

1. WinSCPとは

WinSCPは、Windows上で動くオープンソースでFTP、FTPS、SFTPなど各種通信方法に対応したファイル転送ツールです。

2. WinSCPのインストール

WinSCPのインストール媒体は「https://winscp.net/eng/download.php」からダウンロードできます。

WinSCPのインストール媒体のダウンロードページのイメージ

ダウンロードしたインストール媒体(例 WinSCP-5.17.7-Setup.exe)を実行します。

許諾(A)をクリック

許諾(A)をクリックします。

次へをクリック

次へをクリックします。

次へをクリック

次へをクリックします。

インストールをクリック

インストールをクリックします。

完了をクリック

完了をクリックして、完了です。

3. アップロードサーバの接続情報の設定

WinSCPを起動し、Web公開サーバの接続情報を設定して、ログインします。

たとえば、ロリポップ!の場合は以下になります。

転送プロトコル(F):FTP
暗号化(E):明示的なTLS/SSL暗号化
ホスト名:ftp.lolipop.jp
ポート番号:21
ユーザー名(U):FTP・WebDAVアカウントを入力(例:lolipop.jp-hogemoge)
パスワード(P):FTP・WebDAVパスワードを入力(例:1234abc)

ロリポップ!のFTP設定例

4. WinSCPで.htaccessを表示する設定

.htaccessは.から始まる隠しファイルになりますので、隠しファイルを表示する設定が必要です。

「コントロールパネル>表示方法:小さいアイコン」より、「エクスプローラーのオプション」を表示して、「表示」タブの「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れます。

それと、WinSCPの上部バーにあるオプション設定をお願いします。 オプション > 環境設定 > パネル > 隠しファイルを表示する にチェックを入れます。

関連記事

関連記事です。

ホームページ

ホームページは、個人や企業がインターネットで公開するWebページです。 ホームページ作成の基礎知識をテーマに、ホームページの仕組みやプログラミング言語の種類など、初心者に必要な知識にまとめています。

詳細

更新履歴

更新履歴になります。

トップ技術データベースWinSCP